お電話でもお気軽にご相談ください (フリーダイヤル)0120-002-877

banana web利用規約

[最終改訂:2018年12月1日]
はじめに
banana webをご利用いただき誠にありがとうございます。
皆様をbanana webのユーザーとしてお迎えできることを大変嬉しく思います。
以下は、当社のウェブサイトの訪問者またはbanana webをご利用の方に適用される重要な利用規約(以下「本規約」といいます)です。
本規約に関してご質問、ご提案などございましたら、ぜひ当社までご連絡ください。お問い合わせ先:info@banana web.jp

本規約は利用者の皆様と当社の関係を良好なものにし、また当社サービスの利用を円滑なものにするため、 さらには当社サービスを皆様にとって魅力あるものにするために必要なものです。
利用者の皆様には本規約をご理解いただきますようお願い申し上げます。

第1章 総則

第1条(目的)

  • 本規約は、株式会社ヘリオス(以下「当社」といいます)が提供するホームページ制作「banana web」(以下「本サービス」といいます)の利用を目的とする契約の内容等について定めています。
  • 本この規約は、ユーザーが本規約の内容に同意したとき、またはユーザーが本サービスを利用したときのいずれか早い時点で効力を発するものとします。

第2条(定義)

本規約における用語の定義は、以下のとおりとします。

  • 「ユーザー」とは、本規約を承諾のうえ、当社の定める手続きにより本サービスの利用登録を申し込み、当社がその利用を承諾した者をいいます。なお、法人名が登録された場合、原則として本規約に基づく一切の権利義務および法的地位は、その法人に帰属するものとします。
  • 「対象設備」とは、本サービスのネットワークおよびサーバーの総称をいいます。
  • 「個人情報」とは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス等、特定の個人に関する情報で、その中にその個人を特定しうる情報を含むものをいいます。また、その個人を特定しうる情報には、単独ではその個人を特定できなくても、将来収集する情報または既に収集した情報を組み合わせることにより、その個人を特定できる情報を含みます。なお、機密情報であるかどうかを問いません。
  • 「登録情報」とは、ユーザーが本サービスを申し込む際およびユーザーが利用契約成立後に当社に提供する情報をいいます。この情報には、ユーザーの登録した個人情報も含みます。
  • 「コンテンツ」とは、ユーザーが本サービスにおいて作成または保管する文章、写真、動画その他の情報をいいます。
  • 「機密情報」とは、本規約の履行に際して知り得た当社およびユーザーの販売上、技術上その他の業務上の情報をいいます。
  • 「料金」とは、本サービスの対価として当社が定め、ウェブサイト等に掲げる利用料およびこれらにかかる消費税をいいます。
  • 「従業員等」とは、当社または関連会社の役員および従業員(正社員、契約社員、派遣社員等を含む)をいいます。
  • 「委託先」とは、当社が適切な秘密保持義務等を課した上で認めた、本サービスを運営するのに必要な業務に従事する第三者をいいます。
  • 「関連事業者」とは、本サービスに関連する電気通信事業者およびその他の事業者をいいます。
  • 「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係会社、総会屋、政治活動、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団もしくは反社会的勢力共生者等に該当する、またはこれに準じる者または団体をいいます。
  • 「高負荷」とは、ユーザーまたは第三者によるアクセスや利用の過多その他理由により生じた、本サービスの運営に支障をきたすと当社が判断する高度の負荷をいいます。

第3条(本規約の適用範囲および変更)

  • 本規約は、当社およびユーザーとの間に適用されます。
  • 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく本規約を変更できるものとします。
  • 本規約の変更後は、当社ホームページ上に表示した時点より効力が生じるものとし、ユーザーは変更後の規約に同意するものとします。
  • 当社からユーザーに対する通知は、ユーザーがあらかじめ指定する電子メールアドレス宛てに通知する方法または当社ホームページの掲載により行います。
  • 当社がユーザーに対して前項記載の方法により通知した場合において、当該通知がユーザーに到達しなかったとしても、変更後の本規約が適用されるものとします。

第2章 本サービスの内容

第4条(本サービスの概要)

本サービスは、ユーザー固有の情報をインターネット上にて提供するために必要なホームページの制作、サーバーとドメインの取得および設定、その他付帯関連する業務を当社がユーザーに提供するサービスです。

第5条(本サービスの内容)

  • 本サービスの内容および利用料金は当社ウェブサイトに掲載します。
  • 本サービスは、第4条記載のサービスについて、当社がユーザーに当該サービスの利用権利を提供するものであり、ユーザーに所有権を譲渡するものではありません。従いまして、本サービスが終了した場合、ユーザーは本サービスの利用は一切できません。

第6条(著作権本サービスの利用)

  • ホームページのデザインサンプルの著作権は当社に帰属し、ユーザーよりご提供いただく素材の著作権はユーザーに帰属します。
  • ユーザーよりご提供いただく素材を当社が加工し本サービスのホームページに掲載する場合、当該加工素材の著作権はユーザーに帰属するものとしますが、当該加工素材の使用用途は本サービスの利用のみに限ります。
  • ユーザーが当社に提供する素材について、ユーザーと第三者の間で発生した著作権、商標権、意匠権等の知的所有権等の問題について当社は一切関与しないものとします。

第7条(本サービスの一時停止)

  • 下記に該当する場合には、当社はユーザーに事前に通知することなく一時的に本サービスの運用の全部または一部を中断・停止することができるものとします。
    • 天災事変、停電その他の当社の責に帰せざる事由により、本サービスに障害等が発生したとき
    • 関連事業者が保有する電気通信設備等の障害、停止、その他の事由によって本サービスに関するネットワーク運営に影響が生じたとき
    • 当社が設置する電気通信設備の障害等が生じたとき
  • 当社は、当社のネットワーク運営に影響を与える施設の電気通信設備の保守または工事が行われる場合、可能な限り事前にユーザーへ通知することにより本サービスを一時的に停止することができます。
  • 当社は、セキュリティやパフォーマンスの向上または監視に伴うメンテナンス作業のため、可能な限り事前に通知することにより本サービスを一時的に停止することができます。
  • 当社は、利用契約更新のためのサービス利用費用が指定の期日までに支払われなかった場合、利用契約の満了日以降、本サービスの提供を一時的に停止することができます。
  • 当社は、ユーザーの行為または第三者が不正アクセスによりユーザーになりすまして行った行為があった場合、事前に通知することなく本サービスを一時的に停止することができます。 この場合においても、ユーザーは、停止期間中の料金を支払わなければなりません。

第8条(本サービスの変更・廃止)

  • 当社は、営業上、業務上の都合により、お客様に対して提供している本サービスの全部または一部を変更・廃止することができます。当社は、これによりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
  • ユーザーは。前項の変更後も引き続き本サービスを利用した場合、変更後の内容に従って本サービスを利用することについて同意したものとみなされるものとします。なお、ユーザーは、本サービスの変更の有無およびその内容を知るために、当社ウェブサイト等を定期的に確認するものとします。

第3章 本サービスの申込み

第9条(本サービスの一時停止)

初めて、本サービスを申し込む際には、本規約を承諾の上、アカウント登録をする必要があります。正常に申込みが行われた場合にはユーザー契約が成立し、成立後はユーザーはIDとパスワードでログインし、本サービスを利用することが出来ます。

第10条(ユーザーID等)

  • 当社は、ユーザーに対して本サービスを利用するためのユーザーIDおよびパスワード(以下、「ユーザーID等」といいます)を付与します。
  • 前項の定めにかかわらず、当社が必要と認める場合を除き、一旦利用者に付与したユーザーID等の再発行は行わないものとします。
  • ユーザーは、ユーザーID等の使用および管理について責任を負うものとし、使用上の過誤または第三者による不正利用について、当社は一切その責任を負わないことに同意するものとします。
  • ユーザーはユーザーID等が第三者により不正利用がなされたことを発見した場合、当社へ速やかに連絡するものとし、当社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。

第11条(当社による申込みのお断り)

当社はアカウント登録後、当社単独の判断により、適宜ユーザー資格の審査を行うことが出来ます。当該審査の結果、ユーザ―が以下の各号のいずれかに該当する場合、利用規約の申込みを承諾せず、または遡及して取り消し、ユーザー資格を与えないことがあります。

  • ユーザーが存在しない場合。
  • ユーザーが日本国内に連絡先を有していない場合。
  • ユーザーが、申込みをした時点で、本規約の違反等によりユーザー資格の停止処分中であり、または過去に本規約の違反等で当社からの解約処分を受けたことがある場合。
  • ユーザーの登録事項において、虚偽の記載があった場合。
  • ユーザーが、申込みをした時点で本サービスの利用料金の支払いを怠っている、または過去に支払いを怠ったことがある場合。
  • ユーザーが、未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、申込みの手続きが成年後見人によって行われておらず、または申込みの際に法定代理人の同意を得ていなかった場合。
  • ユーザーが、暴力団、反政府組織、その他社会通念上反社会的組織であるかその構成員、および関係者である場合。
  • 当社の業務の遂行上または技術上支障があると、当社が判断した場合。

第12条(ユーザーによる申込みのキャンセル)

ユーザーは本サービスの申込み日から制作が完了、または3日以内のいずれか早い時点までに、当社が定める方法でキャンセルの申し出を行うことにより申込みの取消が出来るものとします。

第13条(契約の成立)

  • ユーザーが当社の定める方法により本サービスの申込みを行い、当社がこれを承認(ユーザーへはメールで連絡)することをもって本サービスの契約が成立したものとみなします。
  • 本サービス契約が成立した後に、第2項の規定に基づきユーザー契約が遡及的に取り消された場合、または第3項に基づく申込みの取消が行われた場合、本サービス契約も同時に取り消されたものとみなします。

第14条(届出事項の変更)

  • ユーザーは、住所、その他当社への届出内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法で変更の届出をするものとします。
  • ユーザーは、当社に届けた氏名(名義)やユーザーとして有する権利を、当社が承認した場合を除き、第三者に譲渡もしくは名義を変更することはできないものとします。
  • ユーザーにおいて相続または合併その他の理由によりその地位の承継があったときは、相続人またはその地位を承継した法人は特段の意思表示がない限りユーザーの地位を承継するものとし、相続人またはその地位を承継した法人は、地位を承継したことを証明する書類を添えて、当社所定の方法により遅滞なく当社に届出事項の変更をするものとします。
  • ユーザーが、本条に定める届出事項の変更を怠ったことにより会員が不利益を被った場合には、当社の故意または重過失がある場合を除き、当社は一切その責任を負わないものとします。

第15条(利用制限)

  • 当社は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合は、当該会員の承諾を得ることなく、当該ユーザーの本サービスの利用を制限することがあります。
    • ワーム型ウィルスの感染、第27条の禁止事項のいずれかに該当する目的あるいは不特定多数または特定の電子メールアドレスに対して常識を超えた数の電子メールを発信した場合、もしくはその恐れがあると判断した場合、あるいはその他の理由でその利用が不適当と判断する場合。
    • 第27条の禁止事項のいずれかに該当する目的や内容にかかわらず、本サービスを不正に利用、もしくは本サービスの一時停止に追い込まれる高負荷を与える場合、または与える恐れのある場合。
    • 電話、FAX、電子メール等による連絡が取れない場合。
    • ユーザー宛てに発送した郵便物が当社に返送された場合。
    • 前各号の他、当社が本サービスの利用を制限する緊急性が高いと認めた場合。
  • 当社が前項の措置をとったことで、当該ユーザーが本サービスを使用できず、これにより損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

第16条(自己責任の原則)

  • ユーザーは、本サービスを通じてユーザーが発信し、または発信した情報につき一切の責任を負うものとし、当社に対していかなる迷惑および損害を与えないものとします。ユーザーが発信または発信した情報により当社が培った被った場合には、その損害を賠償するものとします。
  • ユーザーが、本サービスの利用に関して、当社の他のユーザーもしくは第三者に対して損害を与えた場合、当該ユーザーは自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第4章 納品の確定と更新

第17条(素材の提供)

契約完了後ユーザーは、当社が指定する素材を速やかに提供するものとします。

第18条(納品までの期間)

  • ユーザーより当社に素材の提供が完了してから、納品までの期間はユーザーへ別途ご連絡させていただきます。
  • ユーザ―より当社に素材の提供が完了し、制作に入ってからホームページ納品を行わせていただくまでに、ユーザー理由でキャンセル・解約される場合は、ドメイン費用、サーバー費用、制作費用等をご請求させていただきます。

本サービスの利用に関してユーザーに損害が発生した場合、本規約に特段の定めのない限り、当社は損害賠償責任を負わないものとします。

第19条(納品までの修正)

本サービスを利用したうえでユーザーに生じた損害につき、当社がユーザーに対して責任を負う事態が発生した場合、

  • ホームページを納品するために当社はユーザーへご確認依頼メールをお送りいたします。その際、ユーザーは下記の条件を承認します。
    • 納品までの修正の回数は最大で2回までとします。
    • 納品までの修正の期間は最大で20営業日とします。
  • ホームページの修正に関して、ユーザーは角な要求を繰り返し、当社の業務が著しい支障をきたさないようにします。
  • ユーザー理由で大幅な変更(ホームページの構造、グローバルナビゲーションの変更等)、ページ内容の全体的な書き換えなど、大幅な修正を行う場合には、別途制作費等を請求させていただきます。

第20条(納品の確定)

  • 当社は本サービスの提供準備が整い次第、ユーザーに対し、ご検収依頼メールをお送りいたします。
  • ユーザーは当社よりご検収依頼メールが到着した後に速やかに検収を行うものとしますが、ご検収依頼メール送付後10営業日が経過した時点で検収は完了したものとみなします。

第5章 支払方法

第21条(料金の種類)

ユーザーは、当社がホームページ上などで別途定める料金を当社に支払うものとします。

第22条(サービスの価格)

  • 当社は、すべての料金についてあらかじめその価格を定め、当社のホームページへの掲載等、適当な方法でユーザーに知らせます。
  • 当社は、前項により定めた料金の価格を予告することなく変更することがあります。変更後の料金の価格は、当社のホームページへの掲載等、適当な方法でこれをユーザーに通知いたします。

第23条(利用料金の発生)

  • 当社がホームページを制作完了し、ユーザーにご確認の依頼を行った時点で、利用料金が発生します。
  • ユーザーは本サービスの利用料金を、当社が定める方法により支払い、入金確認後にホームページが公開されます。

第24条(利用料金の支払方法)

  • ホームページ公開前にお支払いいただく金額は、初期費用+月額の保守サポート費用(1ヶ月分または12ヶ月分)となります。お支払い方法はクレジットカードまたは銀行振込となります。
  • ホームページ公開後は月額の保守サポート費用が発生します。公開前にお支払いいただいた料金以降について、ユーザ―は以下の当社が定める方法にて支払うものとします。
    クレジットカードの場合
    クレジットカード決済につきましては、クレジットカード決済代行サービス会社のシステムを利用しております。当社ではクレジットカード情報を取得しておりません。
    対応カード会社
    MasterCard、VISA、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ
    お支払いは1ヶ月分または12ヶ月分でご選択いただけます。
    利用料金は、当月分のご請求情報を、前月に、当社からクレジットカード決済代行サービス会社に提出いたします。
    実際の料金の引き落とし日は、お客様が利用されるカード会社の引き落とし日となります。
    当社からの請求書、領収書の発行はお承りいたしておりません。クレジットカード決済の内容については、クレジットカード会社からの明細書にてご確認ください。本件の項目は「besket」にて印字されます。
    ご契約開始後、クレジットカード情報(有効期限変更も含む)に変更がございましたら、当社banana webお問い合わせのフォームにてご連絡ください。
    銀行振込の場合
    支払いは12ヶ月分のご選択のみとなります。
    振込口座情報は納品後、請求書にてご案内します。
    お支払いは請求月の翌月20日までに行っていただきます。
    当社からの領収書の発行はお承りしておりません。
    口座振替の場合
    お支払いは1ヶ月分または12ヶ月分でご選択いただけます。
    口座振替日は毎月5日(土日祝日の場合は翌営業日)となります。
    利用料金は、当月分を、前月の口座振替日に振替させていただきます。
    口座振替の場合には、当社より口座振替依頼書をお送りします。必要事項をご記入の上、到着より2週間以内にご返送いただきます。
    請求書、振替通知書、領収書の発行はお承りいたしておりません。ご利用金融機関の通帳記帳にてご確認をお願いします。
  • 振込手数料、決済手数料等、利用料金の支払いにかかる費用はユーザーが負担するものとします。
  • 契約更新分の利用料金の入金が当社において確認出来ない場合、当社は、ユーザーに本サービスの利用継続の意思がないものと判断し、契約更新を行わないものとします。
  • 前項の場合、当社はユーザーのデータ、登録情報を削除できるものとし、削除によるユーザーが損害を被ったとしても、当社は一切その責任を負わないものとします。
  • 契約期間の満了月の1ヶ月前までにユーザーからの解約の届出が行われない限り契約は自動更新される事を、ユーザ―は予め承諾しているものとします。

第6章 解約

第25条(ユーザ―による解約)

  • ユーザ―は、本サービスを本条第2項の手続きにて解約することが出来ます。
  • 解約希望月の前日14日までに当社にメールにてご連絡いただければ、当社はユーザ―の当該解約希望月で解約手続きを行います。ユーザ―が利用規約の一部または全部を有効期間満了の前に解約する場合、既に受領した料金を返金いたしません。

第26条(当社からの解約)

  • 当社は、ユーザーが以下の各号に該当する場合には、事前に何ら通知もしくは催促することなく、直ちにユーザー契約および本サービス契約を解除することができるものとします。
    • 当社は、ユーザーが以下の各号に該当する場合には、事前に何ら通知もしくは催促することなく、直ちにユーザー契約および本サービス契約を解除することができるものとします。
    • 申込みの登録事項において、虚偽の記載があった場合。
    • ユーザーが、制限能力者であった場合、または制限能力者となった場合で、法定代理人等による記名押印がなされた同意書または追認書の提出がない場合。
    • ユーザーが、暴力団、反政府組織、その他社会通念反社会組織であるかその構成員、および関係者である場合。
    • 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、または義務や理由のないことを強要し、当社の業務が著しい支障をきたす場合。
    • 利用料金その他債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合。
    • ユーザーの登録情報変更に伴い、その届出事項の変更を怠ったことにより、郵送などによる連絡が不可能となった場合。
    • ユーザーが、第27条の禁止事項に該当し、または当社が別途定める規約等および法令等に違反した場合。
    • ユーザーについて、仮差押、差押、競売、破産申立、会社更生手続開始、民事再生手続開始等の申立があった場合、または公租公課等の滞納による処分を受けた場合。
    • 過去に当社からユーザー契約を解約されたことがあることが判明した場合。
    • その他、当社がユーザーとして不適切であると合理的に判断した場合。
  • ユーザーが前項に該当する場合、ユーザーは、当社からの通りを要することなく直ちに期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料金等、当社に対する債務の全額を当社の定める方法で一括して支払うものとし、当該支払いについては第5章に従うものとします。
  • ユーザーが、第1項によって本サービスの提供を停止され、またはユーザー契約および本サービス契約を解除されたことによってユーザーに生じた損害等については、当社は一切その責任を負わないものとします。
  • ユーザーが、第27条の禁止事項に違反し、または本条第1項各号のいずれかに該当することで、当社が損害を被った場合、当社は、アカウントの使用の一時停止またはユーザー契約および本サービス契約の解約の有無にかかわらず、当該ユーザー(契約を解約された者を含みます。)に対し被った損害の賠償を請求できるものとします。

第27条(禁止事項)

  • ユーザーは本サービスを利用するにあたり、下記に該当する行為またはその恐れがある行為を行ってはならないものとします。
    • 他の利用者、第三者または当社の財産、プライバシーを侵害する行為、もしくは侵害するおそれがある行為(著作権侵害防止のための技術的保護手段を回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為を含みます。)。
    • 他の利用者、第三者または当社を差別、誹謗中傷し、あるいは第三者の名誉、信用を毀損する行為、もしくはそのおそれがある行為。
    • 他の利用者、第三者または当社に不利益、損害を与える行為、もしくはそのおそれがある行為。
    • 他の利用者、第三者の個人情報を売買または譲受する行為、もしくはそのおそれがある行為。
    • わいせつ、児童ポルノもしくは児童虐待に相当する画像、映像、音声もしくは文書等を送信・表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為、またはその送信、表示、販売を想起させる広告を送信・表示する行為、その他の公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれがある行為、あるいはそれを助長する行為やその他の公序良俗に反する情報を他の利用者、もしくは第三者に提供する行為。
    • 本サービスを利用して、風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律の定める性風俗関連特殊営業もしくはこれに類する営業を行う、あるいは性風俗関連特殊営業もしくはこれに類する営業に関する情報を第三者に対し、閲覧または発信した場合、もしくは第三者に行わせた場合やその他の公序良俗に反する情報を他の利用者、もしくは第三者に提供する行為。
    • 出会い系コンテンツ、性風俗系コンテンツ、ツーショット・ライブチャット系コンテンツ、わいせつ画像のアップロードを目的としたコンテンツおよびこれらのコンテンツへのリンク等、18歳未満の青少年への販売が制限される情報やその他性風俗、アダルトに関する情報を掲載する行為。
    • 違法な薬物、銃器、毒物もしくは爆発物等の禁制品の製造、販売もしくは入手に係る情報を送信または表示する行為。賭博、業務妨害等の犯罪の手段として利用する行為。犯罪を助長し、または誘発するおそれのある情報を送信または表示する行為。
    • 当社または第三者の情報を改ざん、消去する行為、あるいは事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為。
    • 当社または第三者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダー等の部分に細工を行う行為を含みます。)。
    • コンピューターウィルス等、有害なプログラムを本サービスを通じてまたは本サービスに関連して使用、配布し、または提供する行為。
    • 他社の通信設備または当社の通信設備などに高負荷のCGI/SSIの稼働および無制限でアクセス、またはポートスキャン、DOS攻撃もしくは無差別に大量のメール送信(SPAMメール)等により、その利用もしくは本サービスまたはその他の当社が提供する本サービスの運営に支障を与える行為(与えるおそれのある行為を含みます。)および、それに類似する行為やその他本サービスまたはその他の当社が提供するサービスの運営を妨げる行為。
    • 公職選挙法に抵触する行為。
    • 他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等の電子メールまたは嫌悪感を抱く電子メール、嫌がらせメール(そのおそれのある電子メールを含みます。)を送信する行為。他社のメール受信を妨害する行為。連鎖的なメール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為。特定電子メールの送信の適正化等に関する法律に違反して、架空のメールアドレス宛てに電子メールを送信する行為。
    • サーバー等のアクセス制御機能を解除または回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為。
    • 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段(いわゆるフィッシングおよびこれに類する手段を含みます。)により他社の個人情報を取得するまたは取得を試みる行為
    • 他者に対し、本サービスを通じて意図させずにまたは一方的に利用可能とするサービス(いわゆるワンクリック料金請求や、フィッシング詐欺およびそれに類する手段を含みます。)または悪質と思われる運営、あるいは社会的モラルの欠落した行為。
    • 当社の許諾なしになされるドメインの名義変更またはドメイン名登録機関もしくはドメイン名管理機関等の移管行為。
    • ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。
    • 無制限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
    • インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律に基づく当該事業の提供者に対する規制および当該事業を利用した不正勧誘行為の禁止に違反する行為。
    • 法令に基づき監督官庁等への届け出、許認可の取得等の手続きが義務付けられている場合に、当該手続きをせずに本サービスまたは提携サービスを利用する行為。その他当該法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
    • 前各号の他、法令または本規約に違反する行為。公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報または残虐な映像を送信または表示する行為。心中の仲間を募る行為等を含みます。)。本サービス、提携サービスの運営を妨害する行為。他のユーザーまたは第三者が主導する情報の交換または共有を妨害する行為。信用の毀損または財産権の侵害等のように当社および当社の提携先に不利益を与える行為。
    • 前各号のいずれかに該当する行為(当該行為を第三者が行っている場合を含みます。)が見られるデータ等へ当該行為を助長する目的でリンクを張る行為。
    • 当社から提供される本サービスを第三者のために、当該第三者の個人名、商号、もしくは名称等をもって利用する行為、または当社から本サービスの提供を受ける権利を第三者に譲渡する行為、もしくは本サービスの提供を受ける権利に基づき第三者に本サービスの利用を許諾する行為。
    • その他、当社が本サービスの会員として相応しくないと判断する全ての行為。
  • ユーザーは、本条に該当する行為により、第三者および当社に対して損害を与えた場合は、自己の費用と責任によって解決し、当社に損害を与えることのないものとします。
  • 当社ウェブサイト等を定期的に確認するものとします。

第7章 システム等

第28条(ドメイン名の取得申請)

  • 当社は、ユーザーが希望するドメイン名について、その登録申請事務手続の代行サービスを提供します。
  • 当社は、ユーザ―が本サービスの利用の際に使用するドメイン名に限り、このサービスを提供します。また、当社は、1ユーザ―契約につき1つのドメイン名に限り、このサービスを提供します。
  • 本サービスで提供するドメインは、本サービスでのみ使用可能であり、ユーザ―が第三者に譲渡することは出来ません。
  • 前項のサービスの利用を希望する場合には、ユーザ―契約の申込みの際に、その旨および希望するドメイン名を当社に通知するものとします。なお、希望するドメイン名を登録することができない場合もあります。
  • 当社は第1項において定めるサービスが遅延し、または当社がそのサービスを提供しなかったことによりユーザ―に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
  • 当社はドメイン名管理団体等の行うドメイン名の登録のための手続き遅延し、またはドメイン名管理団体がその手続を行わなかったことによりユーザ―に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第29条(ドメイン名の維持)

  • 当社は、ドメイン名のドメイン名管理団体等における登録を維持するために必要なサービスを提供します。
  • 当社は、前項において定めるドメイン名の登録を維持することができなかったことによりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第30条(高負荷)

  • 当社は、高負荷により対象設備の運用に著しい影響が生じると判断した場合、事前に通知することなく、 本サービスの一部または全部の利用を一時的に停止することができます。
  • 前項において、ユーザーに原因があるために生じた高負荷により本サービスが一時的に停止された場合、 ユーザーは直ちに以下の対策のいずれかを採らなければなりません。
    • 本サービスの利用を継続する場合、高負荷の原因を取り除く。その際、当社に作業が発生した場合には、その費用はユーザーが負担する。
    • 利用規約を解除する。この場合、第25条のユーザ―による解約を準用する。
  • ユーザーは、対象設備に対し、継続的に高負荷をかけている(例えば、当社のサービスを利用している他のユーザーと比べて著しく負荷が高いとき)と当社に判断され、その旨の通知を受けた場合、当社の指示に従い、前項と同様の対応をしなければならない。

第31条(保守の範囲)

  • 本サービスは、当社の定める基準において正常に動作することを保証するものとし、すべての負荷等に対して正常に作動することを保証しないものとします。
  • 当社は、予見できない対象設備の停止等の問題が生じたことにより本サービスが停止した場合、本サービスを可及的速やかに復旧させるよう努めます。

第8章 その他

第32条(免責事項)

  • 当社は、本サービスの内容およびユーザ―が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わないものとします。
  • ユーザ―が本サービスを利用するにおいて発生した第三者との紛争に関しては、ユーザ―が自らその責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。当社に対して、第三者から、掲載内容に関する損害賠償その他クレームがあった場合には、ユーザ―は自己の責任と負担において対応するものとします。
  • 当社は、本サービスの利用に供するサーバー等の装置、ソフトウェアまたは電気通信設備、通信網の瑕疵、動作不良、または不具合によりユーザ―に損害が発生した場合であっても、一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、本サービスの提供を中止したことによりユーザ―に生じた損害等については、一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本規約で特に定める場合を除き、ユーザ―が本サービスの利用に関して被った損害については、債務履行責任、不法行為責任その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負わないものとします。

第33条(損害賠償)

  • 第32条に該当しない当社の故意または重過失が理由でユーザ―に損害が発生した場合は、当社はお客様に対して損害賠償責任を負うものとします。その場合の賠償額は利用契約においてユーザーが支払った直近の料金1年間相当分を上限とします。
  • ユーザ―が本規約に違反し当社に損害を与えた場合、当社はユーザ―に対して合理的な範囲の損害賠償請求を行うことができるものとします。

第34条(準拠法)

本規約は日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

第35条(裁判管轄)

本サービスに関して当社とお客様との間で紛争が生じた場合は大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第36条(制作事例掲載

お客様の事例ごとに最適な幅広いデザインを制作させていただいており多くの企業様にご好評をいただいておりますので、原則、お客様の完成サイトは弊社の制作事例や実績としてご紹介させていただきます。

付則

制定:本規約は2017年10月1日から実施します。
改定:2018年12月1日

Q&A